様々なメディア

チラシを印刷する前に - 印刷について

印刷について > チラシを印刷する前に

チラシを印刷する前に

主に宣伝用に配るチラシを印刷する前にはどのようなことに注意しておけばいいのでしょうか。
まずチラシの特性を考えることが大切で、デザインや紙質などをどのようなものにするかを決めます。

また、チラシは基本的に不特定大多数に向けて無造作に配るものですから偏ったものよりは大衆向けであったり、チラシの内容に沿ったものがいいと思います。
そして、大衆に向けて1枚ずつ配るので受け取りやすい大きさにする必要があります。

特に街頭に出て配る場合には受け取りやすいサイズのものでなければなかなか受け取ってもらえませんし、配る方も配りにくくなるので効率が悪くなります。
さらにコスト面でも数が必要になるので、1枚当たりにそれほど予算をかけることはできません。

つまり、チラシを印刷する段階ではそれらの問題をクリアできているかどうかがカギになるのです。
いかに低予算で質のいいものを作るのかがチラシ作りの際にはとても大切になるのです。

チラシデザインは誰が見てもわかりやすいものを!

デザインは多くの人により興味を持ってもらうために必要な技術ですが、ややもすると目立てば良い、派手で見た人を驚かせるようなインパクトがあれば良いと考えている人も多いものです。
それが間違いとは一概には言えませんが、情報を正しく伝えるために行うのが本質です。
チラシデザインは特に、値段の安さを強調するための、派手なフォントを使っていることが多いものです。
ポイントとして使うのであれば構いませんが、全て同じように使っていると、何が大事な部分なのかがわかりにくくなってしまいます。
チラシも一番大事なのは、正しい情報を明記することです。
特に商品に関する情報は、少しでも実物と違ってしまうと大きなクレームを招きます。
値段が一桁でも違って広告に掲載されてしまうと、甚大な損害を与えることにもなりかねません。
また内容量などが少しでも違うと、消費者の混乱を招き現場で余計な仕事を増やすことになってしまいます。
インパクトを強くして派手な広告を作ることより何よりも、正確な情報になっているかという部分に神経を使わなければなりません。
ほとんどのチラシ制作は、時間との闘いでもあります。
特にスーパーなどでは、同業他社の動向や世間のブームを取り入れながら目玉商品を決めていきますので、ギリギリまで商品や価格が決まらないことも頻繁に起こります。
納期が非常にタイトになりますので、短期間でミスのない広告を仕上げる技術が重要視されます。

おすすめWEBサイト 5選

クランボンを検討中の方はお問い合わせください

クランボン

かりゆし石垣島ではダイビングを楽しんでいただけるのはもちろん、シュノーケリングやライセンスの取得も可能です。ゲストハウスも併設しておりますのでご宿泊の際にも是非ご利用ください。

石垣島で楽しく体験ダイビング

最終更新日:2018/12/10

top